本文へ移動

くるみ会活動ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2020年新年会【障害者支援施設里山の家】

2020-01-29
余暇担当の久世です。
 
里山の家の新年会を開催しました。
日清医療食品さんにも協力を頂き、今年は回転寿司レーンを用意して寿司を食べました。
流れてくる寿司に待ちきれない様子で、早く来ないかな~とワクワク。
普段とは違ったメニューや形式での食事に皆さん興奮気味です。
レーンから寿司を手にとり、笑顔で食べていました。
想像していたものよりも本格的な回転寿司になりました。
お店に行った気分になって頂けたら嬉しいです。
 
新年会の開催には社会福祉法人愛知県共同募金会様の
歳末たすけあい配分金を活用させて頂きました。
ありがとうございました。
 
 

しいたけの栽培【障害者支援施設里山の家】

2020-01-24
石川組です。
 
しいたけ、なめこの植菌作業を行いました。
原木に穴をあけ、穴に種菌を打ち込みます。
きのこの発生量や発生時期は、使用した品種や原木の状態、環境などによって変化しますが
早い場合は植菌した年の秋からきのこが発生します。
上手くいくかどうかは分かりませんが秋を楽しみにします。
 

今季初【(就労継続支援B型)ながなわ】

2020-01-14
冬とは思えない暖かい日が続いていますが、今朝は今シーズンで一番の冷え込みではなかったでしょうか。
ながなわでは土日を除いて初めて公用車フロントガラスが全面凍っているのを確認しました。
送迎前、移動時前の一仕事が増えますが、確実に視野が確保されてから運転するように気を付けます。
 

仕事始め【(就労継続支援B型)ながなわ】

2020-01-04
新年あけましておめでとうございます。
毎年恒例の年末年始期間中スーパーやクリーンセンターで回収された魚箱・トレーの選別、破砕作業を全員で1日かけて処理しますので、年明け早々、朝一番から仕事モード全開です。
今年の干支(ねずみ)、十二支の1番目に「子」がきているように、子年を植物にたとえると新しい生命が種子の中にきざし始める時期で、新しい物事や運気のサイクルの始まる年になると考えられています。
ながなわも10年目を迎えますが、初心に戻ったつもりで活動に取り組んでいきます。
 

締めの1日【(就労継続支援B型)ながなわ】

2019-12-27
ながなわ名物「餅つき」をくるみ本人家族の会様より頂いた助成金を活用させて頂き行いました。
1年の労をみんなでねぎらい、一人一人が思い思いのパフォーマンスで餅をついています。
つきたてのお餅は砂糖醤油や黄粉で味付けをし、2臼分があっちいう間にお腹の中へ消えています。
今年も‘ながなわ鍋(準備は朝から利用者さんと共に)’を調理し、あっという間にたらいあげ別腹はどこにあるのかと思わせる頼もしい利用者さんたちです。
又、今年、台風で中止となった行事の名物イベント「ビンゴ大会」も行い、心残り無く令和元年を終えることが出来ます。
 
TOPへ戻る