本文へ移動

くるみ会活動ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

第16回全国障害者芸術文化祭あいち大会 【ながなわ(就労継続支援B型)】

2016-12-13
件名のプレイベント「アティックアート展(ゲイジュツのチカラ×アティクアート)」

12/3(土)~/11(日) 愛知芸術文化センターB2にて‘ながなわ画伯(アティクアートアーティスト)’川部 浩さん(写真左)・村田虎大(むらたこお 12月入所 写真右)さんの作品が展覧されました。

夢のお年玉 【ながなわ(就労継続支援B型)】

2016-12-07
ながなわ画伯・川部浩さんが昼の余暇時間を利用して作成した「ポチ袋」です。

こんな素敵なポチ袋でお年玉をもらえたら素敵な一年になる事まちがいなしですね。

*ちなみにポチ袋は非売品です。

年金セミナーを開催しました。【Link】

2016-11-16
11月15日(火)午後から西尾市福祉センター「はなのき」に於いて法人主催の「年金セミナー」を開催しました。(実はこのセミナーは、当初10月実施予定でしたが台風の影響で順延となっていたセミナーです。)

個人的に思うことですが、人が暮らしていくうえでは物を買ったり食費や電気・水道代などを使い、使えば料金を払っていくわけで、ここに障害の有無は関係なく誰しも必要な事ですね。

では、障害のある方々の(将来にわたる)生活を考えてみた時に仮に、福祉サービスを使われている(使おうとする)方には「サービス利用料」の支払いが必要になってきます。おそらく多くの方々は減免措置の対象となる事から福祉サービスの利用料は実質0円だと思いますが、食費は自己負担となる福祉サービスが大半かと思いますから食べた食数分は自らが負担しなくてはいけません。

・・・ということは支払いの元となるお金が必要ということで「無い袖は振れない」わけですから、サービスを利用されるご本人が将来的に生活を送る為には安定した収入が必要ということになります。これが「障害年金」という事になってきます。

では、年金を受け取るためには「どうやって申請すれば良いの?」「誰が申請するの?」「その時に必要な物は何?」・・・こいした質問は今まで私たちが多く受けた質問の幾つかで、質問から想像するに「年金の仕組みや申請方法などを正しく理解されていないのでは?」という思いから今回のセミナーも企画させていただきました。

いも菓子【ながなわ(就労継続支援B型)】

2016-11-07
先週収穫のさつまいもが早速、本日の昼食で「いも蒸しパン」として提供しました。
土曜日の連合会みかん狩りのみかんも付けて豪勢な昼食となってます。

ながなわ収穫祭【ながなわ(就労継続支援B型)】

2016-11-04
4.28植え付けしたさつもいも苗(紅あずま、つくば小町)から、ながなわ利用者さんの様にスクスク育ったさつまいもが沢山(?)収穫できました。早速、‘ふかしいも’にして、みんなで頂きましたが、新種・つくば小町は「栗の食感・甘さ」! 来週は、どんな“いも菓子”で出てくるかみんな楽しみにしています。

TOPへ戻る